On the Way to You ~ プチ・ポワゾンを探して

鹿児島に住むまでのきろくと日々のなんでもないお話。

書きたくなった話。

昨日、入院している友達と話をした。

 

妊娠していて、赤ちゃんがまだ出てきてはダメな時期なのに、出てきそうになっていて、

 

絶対完全安静ってことで、強制入院している。

 

ずっと点滴しっぱなし。

体も痛い。精神的にも辛い。

 

1ヶ月たって、退院できる事になったかと思いきや、入院延長の知らせに、心が砕けたようだ。

 

お家に2歳にもならないもう1人の我が子を置いていて、辛い思いをしている。それだけでも心が張り裂けそうなのに、どうにもならない状況。

 

もう、突然涙が溢れてきて止まらないし、もう1人の我が子のため。頭でわかっていても、爆発してしまう。

 

 

話を聞いていて、こっちも切なくなった。

 

 

がんばれー!とか、赤ちゃんの為やけね!とか言えず、ただただ聞くしかできなかった。

 

 

でも、彼女は大丈夫であろう(*^^*) なんだかんだ大丈夫な子。

 

 

いろいろあるが、きっとやり抜くだろうし、無事に赤ちゃんも産まれてくるであろう。

 

 

と、願うし信じている。

 

 

ひとつの生命の誕生。

 

 

神秘的で、言葉で言い表せないなんだろう。希望を感じる。

 

 

でもやっぱり、最後はがんばれー!と彼女にエールを送りたい(^-^)